人気ブログランキング |

ヒッチハイク 一日目

■今は
京都のネカフェより。
まず始めに今回は東京〜大阪〜福岡までヒッチハイクする予定。
初日は、大阪の大正にあるアバロンに行くのが目的だった。


■ヒッチの動機
そもそもなんで、ヒッチハイクで福岡に帰ろうと思ったのか。
それをちょっとだけ書こうと思う。
深いもんじゃないけどね 笑

来月から1-2年の間、オースに行く前に、
日本を少しでも回ってみたかったから。
そんな理由でヒッチハイクが妥当だと判断して
やってみた。勇気をちょっとだけ出して。

一日目のことを書きます。

一気に読むにはきっと長いです。
めんどくさくもなるでしょう。
しかし、いきます(笑)


■一台目・ミツキさん
10月19日 6:15〜
8:15乗車。
用賀インターのマック前からはじめる。
初めての経験にめちゃ緊張感。
そしてなんか抑えきれないワクワク感。

がしかし、2時間、
"港北SA"と書かれた
スケッチブックと親指をあげることに
なろうとは思いもしなかった。

その間に起きたこと

・誤ってしょっぱなに"次のPA"と書く。SAじゃなくてどうする。しっかりしろ俺。
・マッ○の店員があからさまに俺に指をさしている。
・小学生まで指をさす。さらに写メをとられる。
・なぜか"おはようございます"と車の人に挨拶される。
・寒い。

そんなこんなで、本当に止まるのかよと思っていたとき、
手招きをして止まってくれたベンツが!!

これが人生初のヒッチハイクだった。

うれしすぎてめっちゃ笑顔になったのが自分でわかる。
乗せてくれたのはミツキさんという
30代前半の会社勤めの人で
hip hop好きなかっこいいスーツお兄さん。

ヒッチハイカーを乗せてみたかったけど、
なかなかタイミングがなく、
次ヒッチハイカーをみつけたら乗せよう!と思っていたところに
半分しょげた、この髭ロン毛がマック前に立っていたわけ。

他にも動機や、音楽、クラブによくいっていたよ、
なんて話をしてくれたり、俺の事を聞いてくれた。

海老名SAまでなら送れるよ、と送ってもらい、
コーヒーをごちそうになる。
『ごめんね、こんなことしかしてあげられないけど』
なんて一言。
…いやいや!コンナコト以上はないっす。
うれしすぎます、ミツキさん!!

そうして目的地に着きがっちりと握手を交わし、
初のヒッチハイクが終わった。
車が見えなくなるまで手を振っていたのは言うまでもない。


■二台目・バンドワゴン
9:10〜
ボードには"静岡"と書いた。

スケッチブックを掲げて5分しないうちに
目の前にステップワゴンが止まる。
はじめの2時間が嘘のよう!
片手で『乗ってきなよ』という具合だった。

こうじさん、たいぞうさん、そして名前を聞けなかった二人。
計4人のワゴン。年は同じかちょっと上くらいだったかな。
そして俺は一番後ろの席に。

なにやら名古屋でライブがあるらしく、その途中だったそうだ。
会話をあまりする空気ではあまりなかったので控える。
朝飯食べてなかったらどうぞと、
ソーセージパンとサンドウィッチをくれた。
感激。すごくありがとうを言った気がする。
バンドマンのワゴンに乗ることになろうとは思わなかったな。
自分もバンドマンだっただけにうれしくなった。

車の中ではなぜかユーロビートがうなっていた。
目的地の都合で、浜名湖SAでおろしてもらい
最後にがっちり握手。


■三台目・オオタさん
13:00〜
ボードには"大阪"の文字。

約一時間まちで目の前にワゴンが止まる。
引越関係の仕事をされているオオタさん。
年は30代前半で、さわやかな雰囲気の人。
メタルやハードコアが好きで
翌日は見たいアーティストが来日するからと上機嫌。

僕もしょっぱなの2時間待ちは
ハードコアみたいなもんでした。
(っていっても、まだまだソフトらしいけど)

最近の若いやつのメタルはだめだ。
と語っていたオオタさん。
ほぼ音楽の話であっという間に時間がたった。
あ、あと博多弁の女の子はかわいいという話。

名古屋を少し過ぎたところだったっていってたかな?
尾張なんとかSAで降ろしてもらい
最後はやっぱりがっちり握手。


■四台目・ヒヤマさんとクミさん
15:00〜
ボードは"大阪"から"京都"へ変更。
少し近くにしようと思ったからだ。

一時間まちで目の前にベンツが止まる。
30代前半のカップルだ。
男性の名前はヒヤマさん。
女性の名前はクミさん。

行き先を大阪から京都に変えたのを見ていたらしい。
トイレ休憩で立ち寄ったらしく、
車を降りたときから乗せようと決めてくれていたらしい。

そしてボードを京都へ変更したのが笑えたんだって。
妥協じゃないっす!

二人は結婚の挨拶をしに宝塚という場所へ向っていた。
二人の人生の、すごいめでたい日に一瞬でも関われてうれしい。
車内での二人の会話のテンポがよくてほほえましかった。

11年付き合って結婚に至った人たち。
なんかすげーなって思う。ほんとに。
長い時間一緒にいて、結婚するってどういう感じなんだろう。
そんなことを思っていたら
プチ喧嘩が始まりそうになっていてビビル。

事も収まり、クミさんが、
『どうせなら大阪市内の駅まで送ってあげればいいじゃん!』
とスーパー助かることを言ってくれた。
そして京橋という駅で降ろしてもらう。

降りてからも何度も頭をさげ、
握手ができなかった分、
車が見えなくなるまで手を振った。

目的地である大正駅まで電車で移動。
アバロンへ到着。
おやじが誕生日にくれたGショックは18:00になろうとしていた。


■アバロン
リョヲヤさん、ハジメさん、マキさん、なっちゃんが迎えてくれた。
とりあえずビールがめっちゃめちゃうまかった。
料理もうまい。前回は3月にいったのだけど、
そのときの料理の印象も、
とてもやさしい味でふわぁーっと広がる感じだったのを記憶している。
(俺が受けた印象はそうだった。)
…ほんとにうめぇ。居心地もたまんないんす。

みんなとても親切にしてくれてて、
でもそれがすごい自然でかなりうれしかった。
ディジュリドゥの話や、みんなで吹いたりして
あっという間に遅い時間に。
俺、ベロベロ。
何杯飲んだとか、最後の方とか完全にぶっ飛んでる 笑

そうできたのも、楽しかったからっていうのはもちろん、
ネカフェに泊まろうとしていたところを
リョヲヤさんが
『よければゲストハウス泊まる?』と言ってくれて
アバロンのゲストハウスに泊まることができたから。

そうやって宴のような夜が更け、一日が終了。


二日目以降のことはまた。
by didgedoo-soh | 2009-10-21 02:04 | ■ヒッチハイク編


sohのディジュリドゥと旅のブログです。ブログ内の画像、文章、音源等の無断使用はできません。


by 奏-soh-

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

カテゴリ

全体
■2015
■2013
■2012
■海外編2
■一時帰国編
■海外編1
■ヒッチハイク編
■other
■think about...
■news
■about me

最新の記事

YAJ個展/HELLO
at 2015-02-12 17:32
ということで
at 2013-05-25 14:55
準備してます。
at 2013-05-16 21:15
明日はゆらっと
at 2013-02-19 17:20
急性低音障害型感音難聴 治療日記
at 2013-02-11 10:56

以前の記事

2015年 02月
2013年 05月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月

その他のジャンル

記事ランキング

画像一覧