アクシデント



昨日の昼、パースでバスキングしているときに
路上生活をしているだろうアボリジナルのおばちゃんが
吹いている最中のディジュリドゥにまたがる形で目の前で中指を立て、
何か言葉を吐き捨てた後去って行った。

アボリジナルでもない人が
彼らの楽器でバスキングしているのを快く思っていない人は正直多い。
これはオージーも同じで。

親指を立てて「頑張れよ!」って言ってくれる人も多ければ
馬鹿にしているような踊りを目の前で踊ったり、
何かを罵ったりする人もいる。
それにはもう慣れた。
初めての時はさすがにびっくりしたけど。

しかし、こっから先の事は本当に嫌な思いをした。


去っていったおばちゃんが戻ってきて
お金を投げてもらうために使っているケースを(故意に)蹴って、
その中身を路上へとぶちまけたのだ。
コインの大きい金属音と共に。
さらには彼女がさっとそのお金を拾うふりをして、
いくらか持って逃げて行ったのは言うまでもない。

それを観ていた周りの人は親切にお金を拾い、
「大丈夫?」という視線と共に、ケースへと戻してくれた。
そういう人たちも多くいる。

しかし初めての出来事だったので、すごくびっくりした!
その後、すぐに彼女に対して苛立ちよりも、
本当に可哀相な人だと感じた。
なんかよくドラマとかに出てきそうな台詞だけどね。

同じシェアハウスに住むディジュリドゥ仲間のドングは
ディジュリドゥを演奏中にディジュリドゥ本体を蹴られ、
彼は唇を切る怪我をした。
これは完全に酔っ払ったオージーがしたことだけれど、
やっぱり悲しい気持ちになる。

バスキングにはこういうのは付き物だというのは聞いてはいるけど…。


ただ、みんながみんなそういう人ではないし、
とても親切なアボリジナル、オージーもたくさんいる。
これも経験だと思って明日も頑張ろう。おし。
by didgedoo-soh | 2010-04-07 08:15 | ■海外編1


sohのディジュリドゥと旅のブログです。ブログ内の画像、文章、音源等の無断使用はできません。


by 奏-soh-

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

カテゴリ

全体
■2015
■2013
■2012
■海外編2
■一時帰国編
■海外編1
■ヒッチハイク編
■other
■think about...
■news
■about me

最新の記事

YAJ個展/HELLO
at 2015-02-12 17:32
ということで
at 2013-05-25 14:55
準備してます。
at 2013-05-16 21:15
明日はゆらっと
at 2013-02-19 17:20
急性低音障害型感音難聴 治療日記
at 2013-02-11 10:56

以前の記事

2015年 02月
2013年 05月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月

その他のジャンル

記事ランキング

画像一覧